カメラで定規 -カメラで簡単模様替え


 

iPhoneのカメラで家具を撮って、家具の幅、奥行き、高さのサイズを測れます。

同じように、iPhoneのカメラで、家具を置きたいスペースを撮影し、スペースの幅、奥行き、高さのサイズを測れます。

また、このスペースに、登録しておいた家具を置いた時のイメージ図と、スペースを超えているか?/隙間があくかなども簡単に確認できます。

 

メジャーが手元になくても、引越し、模様替えも、もう大丈夫。

家具屋さんでも、欲しい家具を撮影して、自分の部屋に会うかどうかもチェックできますね。

 

*登録できる家具の数、計測できる写真の数に制限があります。使ってみて気に入ったら、有料アップグレードで制限をはずしてください。

 

*撮影方法によって、計測結果に、数%の誤差が含まれることがあります。予めご了承ください。


使い方

1.使う前の準備

このアプリで、正しく家具のサイズを測るためには、次の準備をしてください。

(一度、正しく設定できれば、その後はこの設定は必要ありません。)

 

まず、「写真リスト」画面の左上の設定ボタンから「設定」を選びます。

 

(1)カメラの高さ

「設定画面」のカメラの高さを選びます。
写真を撮影するときは、いつもiPhoneをいつも同じ高さにして
撮影してください。

あなたが立った状態で目の高さと、iPhoneのカメラのレンズ部分が一致するように撮影するとよいでしょう。

この時の、あなたの目の高さを、この「カメラの高さ」に設定します。

カメラの高さ(=目の高さ)は、あなたの身長から、頭のてっぺんから目までの距離(概ね90mm〜120mmぐらい)を引いた値です。

測って入力してください。

(2)センサー補正

あなたのiPhoneを水平な台の上に、まっすぐ縦に置いてください。カメラのレンズがある部分が上、ホームボタンがある方が下にして、縦に置きます。

センサーに誤差がなければ、ロール角(左右の傾き)、ピッチ角(前後の傾き)が0になります。

角度が1度以上ある場合、センサーの誤差を除くため、この縦においた状態で、「Reset」ボタンを押してください。

 

通常は、これで補正は完了します。

しかし、実際に写真撮影して家具サイズを計測したとき、計測結果の誤差が大きい場合には、次の補正も行なってください。

 

追加の補正

あなたのiPhoneを水平な台の上に、横に置いてください。ホームボタンのある面(ディスプレイのある面)が上を向くように置きます。

そして、この状態で「Pitch Reset」を押してください。

 

2.使い方

(1)測りたいものを撮影する

「写真リスト」右上のカメラボタンを押して、測りたい家具や家具を置きたいスペースの写真を撮影します。

この時、次の2点に注意してください。

 

  • 設定した「カメラの高さ」と同じ高さで撮影すること
    まっすぐに立って、目の高さとiPhoneのレンズが同じ高さになるようにしましょう。
  • iPhoneを左右に傾けないこと
    撮影時に画面真ん中に、iPhoneの左右の傾きが表示されますので、これが緑表示されているときに撮影しましょう。

 

(2)キューブメジャーを写真においてサイズを測る

「キューブメジャー追加ボタン」(物差しの右上に+表示のアイコン)を押して、キューブメジャー(箱型の定規)を写真に置きます。

最初に右下の点を、家具の右下に合うように動かします。

次に、左下の点が、家具の左下に合うように動かします。

後は、高さと奥行きをあわせます。

 

この順番で合わせて行きます。

その点をなぞると、位置が移動します。点の拡大図が画面左上に表示されます。

また、画面の帯部分をなぞると、左右のみ、上下のみの微調整ができます。

 

キューブメジャーには、幅、高さ、奥行きのサイズが表示されます。

 

なお、必ず、キューブメジャの底の部分が、床にピッタリくっついていることを確認してください。

 

「家具リスト登録ボタン」(ゴミ箱アイコンの右となり)を押すと、キューブメジャーの前面部分が、家具リストに登録されます。

 

(3)模様替え:スペースに家具を置いたイメージを確認する

前の(2)と同じように、家具を置きたいスペースにキューブメジャーを置きます。

そして、「家具表示ボタン」(「家具リスト登録ボタン」の右となり)を押すと、登録されている家具リストが表示されます。

ここから置きたい家具を選ぶと、スペースのキューブメジャーの前面に、選んだ家具のイメージが表示されます。

家具をスペース内の右に揃える、左に揃える、真ん中に揃える、表示しないの選択は、「家具表示ボタン」の右の整列ボタンを押すことで切り替わります。

 

この時、高さ、幅については、スペースに対してどれぐらい、隙間があくか、オーバーするかが表示されます。